2012年12月22日

競売、不動産投資の超初心者向けセミナー

競売、不動産投資セミナーを受講してきました。
業者お断りの超素人向けのセミナーとのことです。
私はまだ主任者ではないし、業者でもないので潜り込んできました。

競売物件は最近高騰しており、なかなか安く入手が難しくなっているようです。
中には市場価格を大幅に上回る物件も多くなり、わざわざリスクを犯してまで
投資をする旨みがなくなってきています。
投資家やリノベーションハウスとして販売するため業者が買い取るケースが
多いようです。
また、大震災の影響で銀行が競売に出すのを抑えて溜め込んでいるらしく
来年の夏から秋あたりに大量に放出されるのではないかと講師の方がおっしゃっていました。

不動産投資の方は、最近は20代、30代のサラリーマンや中国人が積極的になってきている
と話されていました。
ロバートサキヨミばりにレバレッジを効かせて数億の資産を手に入れている人も多いようです。
たしかロバートサキヨミの投資会社は倒産したんじゃないかと思い調べてみましたが
意外な事がわかりました。
倒産したのはロバート氏の所有する会社の一つだけだそうです。
しかも業績悪化が原因ではなく、訴訟されてしまい倒産が最善の決定だったとのことです。
18億の訴訟で計画倒産らしいのですが、ロバート氏にとって会社一つ18億を失おうとも
大した痛手ではなかったのです。






posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 00:00| Comment(0) | 不動産屋の修行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月19日

住宅ローンアドバイザー勉強中

こんにちは、住宅ローンアドバイザーの勉強中です。

本日は基礎講習を終え、基礎講習効果測定にトライしようと
気合を入れていましたが、なぜかweb画面が開きません。
早速問い合わせし、回答がありました。
一時的なトラブルが発生とのことで、すでに改善したようです。

では今日中に効果測定を終了し、応用編の講習に入ります。


posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 18:55| Comment(0) | 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

立地について

不動産屋の立地について
不動産関係の業務は大きく4つに分類されます。
1、賃貸
2、売買
3、管理
4、分譲
このどれをメインで扱うかによって不動産屋の立地条件は変わってきます。
賃貸専門で行っていく会社は、飛び込みで来店されるお客様が多いですので
人通りの多い通りに出店していることが多いです。
一方、売買などを専門とする会社は飛び込みのお客様はほとんどいませんので
大通りに出店するケースは少ないかと思います。
主に広告などで集客を行うため、店舗はもたず事務所だけという不動産屋さんもあります。

個人で不動産屋さんをされている方も大通りに店舗を出すと店番が必要となり
人件費がかかりますので、少し目立たないところに出店をする傾向にあります。
フランチャイズなどの大型店は、賃貸でいかにお客さんの回転数を上げるかが勝負となるため
立地条件は重要となります。


posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 06:59| 長崎 ☁| Comment(0) | 不動産屋の選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月18日

登録実務講習テキスト到着

昨日の住宅ローンアドバイザーテキストに続いて
登録実務講習のテキストが届きました。

DVDとテキスト、演習ワークブックなどなど盛りだくさんです。
DVDを一応みてみましたが、おじさんがドアップでずっと解説をしています。
別にこれ音声だけでいいんじゃないのかな〜とツッコミました。

とにかく次から次へと新しいテキストだらけ…  
とにかく学習あるのみです。
posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 19:23| Comment(0) | 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月17日

住宅ローンアドバイザーテキスト到着

住宅ローンアドバイザーテキストがきました。
テキストと問題集、受験表が入ってました。

Aコース:Web講習+会場効果測定を選択しました。
基礎講習と基礎講習効果測定、応用講習をWeb上で受けます。
そのあと受験会場で効果測定を受けて合格すれば晴れて住宅ローンアドバイザーの
資格者となるのです。

とりあえず基礎講習を何講座が受けてみました。


posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 02:04| Comment(0) | 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月06日

実務講習申込み

未経験者が宅建で独立開業というコマーシャルを良くみますが
この業界はそれほど甘くありません。
大変な金額を扱う商売ですのでそれなりの経験などが必要となります。
宅建試験を合格しただけでは資格者ではありません。
ただの「宅地建物取引主任者資格試験合格者」です。

合格者で実務経験が2年以上ある方はそのまま知事に申請し登録されれば
晴れて主任者として業務を行うことができます。
実務経験なしで登録するならば、国土交通大臣実施の実務講習受講必要となります。
この中身は二日間みっちり実務講習とその後テストが予定されています。

実務講習申込みには合格証書のコピーが必要で本日合格証書が届きましたので
住宅新報社というところへネットで申し込みを行いました。
実務講習を開催している機関は結構あるようですがいずれも2万円前後かかります。
なぜか住宅新報社だけは早期割引で14500円とかなりお手ごろでしたのでこちらに決めました。
http://www.takkengoukaku.tv/kouza/kouza_about.php

講習は1月中旬ですが事前にテキストが送られてきて約1ヶ月間程度は自宅学習を行わなければいけません。
テキストが届き次第、報告します。



posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 00:00| Comment(0) | 宅建試験について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。