2012年12月06日

実務講習申込み

未経験者が宅建で独立開業というコマーシャルを良くみますが
この業界はそれほど甘くありません。
大変な金額を扱う商売ですのでそれなりの経験などが必要となります。
宅建試験を合格しただけでは資格者ではありません。
ただの「宅地建物取引主任者資格試験合格者」です。

合格者で実務経験が2年以上ある方はそのまま知事に申請し登録されれば
晴れて主任者として業務を行うことができます。
実務経験なしで登録するならば、国土交通大臣実施の実務講習受講必要となります。
この中身は二日間みっちり実務講習とその後テストが予定されています。

実務講習申込みには合格証書のコピーが必要で本日合格証書が届きましたので
住宅新報社というところへネットで申し込みを行いました。
実務講習を開催している機関は結構あるようですがいずれも2万円前後かかります。
なぜか住宅新報社だけは早期割引で14500円とかなりお手ごろでしたのでこちらに決めました。
http://www.takkengoukaku.tv/kouza/kouza_about.php

講習は1月中旬ですが事前にテキストが送られてきて約1ヶ月間程度は自宅学習を行わなければいけません。
テキストが届き次第、報告します。





posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 00:00| Comment(0) | 宅建試験について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。