2013年02月21日

賃貸の媒介報酬について2

不動産取引では元付けと客付け業者の2社がかかわることが多いと説明させて頂きましたが、
今回はそのメリットを説明させて頂きます。

もし大家さんから物件を預かった元付け業者が報酬をたくさんもらいたいため
物件のかかえこみ(自社で客付けできるまで物件を長期保有すること)をしてしまえば
早く貸して賃料収入を得たい大家さんに大きな損害を与えてしまいます。
そこで元付け業者は物件を預かったら、すぐに不動産業者間のネットワークへ登録する
義務が発生します。これによって他の不動産屋さん(客付け)にも広く情報を公開して
契約が早期に成立するよう努力しているのです。
これは宅建業法で定められており、業者間のネットワークに公開しないことは
違法行為とみなされます。(ただし専任媒介契約締結時のみです)

しかし今でも自社で元付けと客付けで大きな収入を得たいためにかかえこみをする
業者がいると聞きます。
このような業者は、自社の利益のみを考え、お客様目線で仕事をしていない業者という
ことになります。




posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 00:00| 長崎 ☁| Comment(0) | 報酬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。