2013年03月02日

不動産屋の情報源「レインズ」

REAL ESTATE INFORMATION NETWORK SYSTEM(不動産流通標準情報システム)の
頭文字を取った略称(REINS)。

国土交通省及び当センターが共同で開発し国土交通大臣から指定を受けた
全国4箇所の不動産流通機構が運営している共同仲介の為の
不動産情報交換専用コンピュータネットワークオンラインシステムのこと。

このレインズが業界に導入される前の買主探しは、店頭への貼り紙、新聞広告
、知り合いの業者間での情報交換等に頼っていました。

しかし、これではあまりにも情報が一部に偏ってしまい、
小さい業者はあまり物件を紹介することが出来ませんでした。

そこで、広く迅速に買い手を探したり、物件の検索を行なうために
平成2年5月からレインズが不動産業界に導入されました。

このようにレインズに物件を登録する事によって
売主様の物件を広範囲に情報公開できるようになりました。

従来の店頭への貼り紙、新聞広告、知り合いの業者間での情報交換等と比較すると雲泥の差ですよね。
これにより売主様は広範囲の方に物件を紹介できますし、
買主様はより多くの物件を見て購入物件を比較検討出来るようになりました。

色々な不動産屋さんに行ったけど紹介される物件は、
下の社名だけ違っていて中身は同じ物件ばかりというご経験はありませんか?

レインズのおかげでどの業者さんも大手さん並みの物件量を扱えるようになったのです。


posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 00:00| 長崎 ☁| Comment(0) | 不動産屋の仕入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大家さん向け賃貸セミナー

アルカス佐世保にきています。

本日も不動産会社が開催しているセミナーを受講しました。
内容は大家さん向けのセミナーで賃貸経営の新しいトレンドなど
紹介されていました。

賃貸物件が過剰供給になってきていますので、今後、賃貸経営をする上では
入居率を上げて、解約率を減らす努力が賃貸経営者には重要だそうです。

そのため入居者が契約の際、入居する月の家賃だけで入居できるようにするという
システムが出てきているとのこと。

結局は大家さん負担で借主が入居しやすくし、入居したらその分の借主が負担する
家賃がアップするのですが初期費用が抑えられるので借主は1ケ月分の家賃のみで
新しい物件に入居することができます。

弊害として入居者の質が下がるなども考えられますが、
それは契約内容によって改善ができます。

これまで賃貸契約は普通借家契約が一般的でこれは借主の権利が強いものでした。
それを更新を前提とした定期借家契約とすることで貸主が有利となる契約にする
ことができます。

有利というのは、定期借家契約は2年などと契約期間があらかじめ決まっていますので
1ヶ月でも家賃を滞納したり、近所迷惑な借主は期間が過ぎれば契約は満了し退去させる
ことができます。

一方で良い借主は契約を更新してもらえるので結果的に良い借主だけが
残ることになります。

普通借家契約ですと数ヶ月家賃を滞納したりよっぽどのことがないと貸主から契約を
解除することは困難なのです。
posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 00:00| Comment(0) | 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。