2013年03月04日

レインズは画期的2

レインズに掲載された物件は、基本的にはどの業者もお客様に紹介することは可能ですが
一部紹介させて頂けない業者様もいらっしゃいます。

宅建業法上は売主から預かった物件をレインズに登録して
広く営業活動を行うことを求められますが、他業者がお客様を見つけた場合には
仲介業者が受け取る報酬は売主から物件を預かった業者と
買主であるお客様を見つけた業者で折半することになります。
これは、仲介業者が何社入ってもお客様から頂く報酬額は変わりませんので
仲介業者の数で分けることになるためです。

当然売主から物件を預かり、自社でお客様まで見つければ報酬額を2倍頂けることになります。
2倍の報酬を得たいために他業者が買主を見つけても「現在商談中」などと
微妙な表現で他社に販売させないように引っ張ります。

これは明らかに売主に対する裏切り行為です。

なぜならばたいていの売主は早く物件を売りたいと思っておられるのが当然で、
預かった業者が自社の利益のために他社に物件を販売させないで抱え込むというのは
おかしいと思われるでしょう。

また、買主に対しても購入の機会を奪っていることになりますので、
このような行為を行うと一斉に悪い業者として周囲の業者に知れ渡ることになります。

物件の抱え込みをする業者の見分け方は、下記の本などを参考にされて下さい。
中にはレインズには登録するが、写真などを掲載しない業者もいます。
おそらくカメラをもっていないか(笑)、他業者へ紹介をしたくないのか
どちらかでしょうね。
IMG_2047.jpg


posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 00:00| 長崎 ☁| Comment(0) | 不動産屋の仕入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。