2013年04月25日

敷金と礼金の違い

敷金とは大家さんの預かり金で家賃滞納があった場合や
借主の責に帰す修繕が必要となった場合などに
敷金から減額して返金されます。

礼金とは戦後間もない時期に住居が不足しており、
大家さんにお願いして住居を貸してもらっていたことから
大家さんにお礼として渡すものを言っていました。

礼金は今の時代にはなかなかマッチしない制度に
なりつつあるのですが大手の業者でも
いまだに礼金をとるところもあります。
そういうところは逆に敷金がなかったりします。

敷金は基本的に預かり金なのでいつかは返却しなければなりませんが、
礼金であれば確実に業者は頂くことができます。
ですので敷金3ヶ月などとするよりは礼金1ヶ月分でも
確実に費用を頂ける方が業者としてはメリットが
あるのかもしれません。

敷金3ヶ月分の費用を預けるか、敷金なしで礼金を1ヶ月分を
確実に支払うか微妙な判断だと思いますが、
敷金から最低1ヶ月分は減額されるでしょうから
礼金を払う方が個人的には良いかと思います。
補足として敷金がいらない契約は、
退去時に修繕費を別途請求されるケースも
ありますので契約の際によく確認されてください。

ちなみに賃貸借契約と敷金の契約は
別契約とされていますので賃貸借契約が終了して
住居から出て行かれる際に大家さんに敷金返金請求はできません。
後日部屋の修繕にかかった費用など考慮し、
清算を行ってもらうことになります。




posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 17:35| 長崎 ☁| Comment(0) | 賃貸契約について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。