2013年05月14日

間取り図の味方(和室編2)

和室編第2弾です。

一戸建てでは和室を一室設けるのが一般的ですが、
マンションやアパートでは物置化している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

和室は、独立していてはなかなか使いづらい部屋ですが家の中心と考えると、
どこからでも他の部屋に行けるつながりを考慮すると便利な空間です。

また、来客の際にもくつろいで頂ける空間でもあります。


posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 21:10| 長崎 ☀| Comment(0) | いい部屋探し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

ヤングコーンの季節です。

スイートコーンを風で倒れないように紐で縛りました。

そのあと一本ずつ間引いて行って、
間引いたやつが実はヤングコーンとして食されます。

さっそく塩ゆでしてマヨで頂きました。

IMG_1957.jpgIMG_1959.jpg
posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 00:00| 長崎 | Comment(0) | 大村市の田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月11日

間取り図の見方(トイレ編)

久しぶりに間取りについてアップします。

トイレはお風呂やキッチン同様に機能性より空間的なゆとりを感じさせる
ような設計が人気です。

トイレは、水が流れる音や来客者も利用することを考慮すると、
どこに配置するかは悩ましいところです。

限られたスペースでも来客者が多い家などは、見せる部屋との意識も
高まってきており、ゆったりとしたものも人気です。

どのようにトイレのスペースを確保するかは、
トイレの中にコンパクトな手洗器を設置する、開き戸から引き戸に
変更し手洗い場や開き戸のデッドスペースをなくすことも検討の余地があります。



posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 19:39| 長崎 ☀| Comment(0) | いい部屋探し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月09日

住宅ローン選びの注意点

注意点1 
金利が低いが融資手数料が高いこともある。
例)借入金額×数2.1%、定額105,000円(全宅住宅ローンなど)
  通常融資手数料52,500円
  ローン金利+何%になるか実質金利を計算しよう。

注意点2
フラット35は民間住宅ローンより利用できる物件の条件が厳しい。

注意点3
金利は申込み時ではなく、融資実行時点の金利を適用される。
申込みから融資実行までの大幅な金利上昇に注意。

注意4 
金融機関で適用金利が異なる。

注意5
団信保険料+ローン保証料の実質金利分をお忘れなく。

注意6
オール電化、ホットメリットローン各▲0.1%の特約もあるので
活用しよう。

posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 18:10| 長崎 ☀| Comment(0) | 住宅ローンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月07日

太陽電池の固定資産税

太陽電池の固定資産税に扱いについてですが
一般にあまり知られていません。

新築住宅に最初から太陽電池がついていた場合は
住宅の性能を示す一部として扱われ固定資産税がかかります。

新築住宅を購入し、後付けした場合には単なる設備として扱われ
固定資産税がかかりません。

売電収入については、投資目的で年間20万円以上の収入となれなければ
確定申告の義務はありません。

ちなみに後付けで家庭用の太陽電池3.3kwを設置した我が家では
年間13万円ちょっとの売電がありますが税金関係は一切なく、
使用した電力分を引いた売電収入分がまるごと収入となっています。

設置費用は100万円なので利回り13%、しかし10年に一回ぐらいはパワコンが
壊れるような話もあるので利回り10%ぐらいあれば良しとしています。

posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 20:55| 長崎 | Comment(0) | 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月06日

フラット35 VS 民間金融機関ローン

フラット35と民間金融機関ローンの金利比較について
これまで説明してきましたが、金利以外で比較すると
民間住宅ローンは団信保険に加入が条件ですので健康状態から団信に
加入できない場合は住宅ローンを借りることができません。

フラット35は団信加入が条件ではありませんので
健康状態から団信に加入できない場合はありがたいローンです。


posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 21:55| 長崎 ☀| Comment(0) | 住宅ローンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。