2013年06月13日

新築物件の価値は買った瞬間に下がる?

新築物件の価値は買った瞬間に約20%下がると良く言われます。

新築物件の場合は業者の利益相当分、広告宣伝費、
マンションであればモデルハウス設置費用など
たくさんの経費が含まれます。

これが20%から25%ぐらい価格に含まれており、
買った瞬間に値段が下がると言われる理由です。

日本では特に新しいものに対する価値認識が異様に高いため
多くの利益をのせることが可能です。
これを新築プレミアムなどと言います。

では、中古物件の場合はどうでしょうか?

中古物件は基本的は個人対個人の取引が多く
(不動産屋は仲介はしますが売主ではない)
個人間の売買ではあまり利益をのせるという感覚がありません。

不動産屋が適正な価格を査定し価格付けを行いますので
利益は含まれないことが多いです。

良心的な仲介業者であれば、売主にも買主にも損も得もさせない
公正な取引が行えるよう努めるのです。



posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 00:00| 長崎 ☁| Comment(0) | 不動産屋のホンネ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。