2013年07月15日

土地の価格の決め方(不整形地、三角地)

不整形地、三角地は、整形地に比較して余分の制約を受け、
土地の全部が住宅地や商業地として効用を十分に
発揮できないため減価率を考慮します。

不整形地補正は、全体の土地のうち有効利用が阻害させる部分を
中心に減価率を考慮します。

三角地は最小角の大きさと最小角の位置、
ならびに面積の広狭により有効利用の阻害度が異なるので、
これらを考慮し減価率を求めていきます。

原価率の計算は、不整形地と三角地の重複がないよう
いずれかで行います。

次回は角地の影響について説明します。

誰でもわかるやさしい価格査定やっています。


posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 00:10| 長崎 ☀| Comment(0) | 土地の査定について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。