2013年07月22日

土地の価格の決め方(袋地)

袋地とは細長い路地状敷地(敷地延長:図参照)によってのみ
道路に接している土地のことを言います。

一般に、旗竿状土地、L字地形などとも言われます。

袋地は周囲を他の土地で囲まれている圧迫感、日照、
通風上のデメリットの他に自動車出入りの支障、
路地状部分の利用制約などがあり路地状部分は大きな減価となる。

路地状部分の減価率は路地状部分の間口、奥行きによって
30〜50%程度となっている。

建築物の敷地が路地状部分のみによって道路に接する場合には、
その敷地の路地状部分の幅員は、路地状部分の長さに応じて
基本的は次の幅員以上としなければならない。

敷地の路地状部分の長さ  幅員
20m以下のもの      2m
20mを超えるもの     3m

kw0201.gif

次回は無道路地について説明します。

誰でもわかるやさしい価格査定やっています。


posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 04:24| 長崎 ☀| Comment(0) | 土地の査定について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。