2013年08月05日

境界標の設置と費用

境界に関するカテゴリを追加しました。

お隣との境界に境界標がなくて境界がはっきりしない場合、
民法は境界標を費用折半で設置できるとしています。

しかし、相手の反対を押し切って勝手に設置することまでは
認められません。

設置するには、場所、設置数、費用、設置方法などを
話合いで決めることになります。

相手がこの話合いに応じない場合や話がまとまらない場合は
法の定めや裁判によって相手に設置を求めることができます。

これは、境界標の設置は法的な義務があるということを意味します。



posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 00:33| 長崎 ☀| Comment(0) | 境界について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。