2013年08月19日

宅地建物取引業免許申請失敗

本日、諫早の振興局の方に宅地建物取引業免許申請に
行って参りました。

申請書は、32ページもある冊子になっていて同じ物を
3部用意しなければなりません。

内訳は県に申請用、振興局用、そして提出者控え用となります。

個人での免許申請の際に必要な書類は以下のようになっています。
1、免許申請書
2、宅地建物取引業務経歴書
3、誓約書
4、宅地建物取引業に従事する者の名簿
5、専任の取引主任者設置証明書
6、身分証明書
7、登記されていないことの証明書
8、代表者の住民票
9、事務所を使用する権限に関する正面
10、事務所付近の地図
11、事務所の写真
12、略歴書
13、資産に関する調書
14、納税証明書

提出前に何回もチェックしたのですが、
納税証明書が抜けているとのご指摘を受けました。

明日、納税証明書をもって出直します。


posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 22:20| 長崎 | Comment(0) | 不動産屋の開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

他人の水道・ガス管を利用できるか

下水道法は排水設備について他人の施設を利用できる
権利を認めています。

しかし、水道管やガス管についてはそのような定めはありません。

原則として所有者の承諾がなければ利用はできませんが、
どうしても他人の施設を利用しなければ
ひくことができない状況であれば民法や下水道法の規定を
準用または類推適用して利用できる場合もあると考えられます。
posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 00:28| 長崎 ☁| Comment(0) | 住まいのトラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。