2013年08月21日

日照被害による損害賠償

日照には部屋を明るくしたり、暖かくしたりする効果があります。

日陰になると光熱費である電気、ガス、石油代などの
費用が余計にかかります。

住宅やアパートが日陰になれば居住環境が悪くなり、
土地価格の下落や賃料低下から事業収入にも影響が出てきます。

しかしながらほとんどの裁判例は因果関係や受忍限度といった
法律判断の要件との関係で地価の下落を損害としては
認めていません。


posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 17:20| 長崎 ☁| Comment(0) | 住まいのトラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。