2013年09月15日

マンション査定の考え方

マンション査定の基本的な考え方は、
取引されたマンション(取引事例)の価格を参考に
価格形成要因を比較していき、その格差率によって
査定価格を導き出します。

マンションの場合は、戸建てとは異なり取引事例が多く、
同じマンション内に取引事例があれば査定が容易となります。

同一棟内に取引された物件があれば、
その格差は専有部分の条件の違いを比較すれば
良いことになります。

誰でもわかるやさしい価格査定やっています。

220-55査定依頼.png


posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 00:19| 長崎 ☀| Comment(0) | 建物の査定について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。