2013年10月14日

建築条件付き売地とは

建築条件付き売地とはどのようなものか解説していきます。

建築条件付きの土地は、土地の売主または代理人と建物の
工事請負契約を結ぶことを条件に土地の売買ができます。

建築条件付き売地を購入するメリットとしては、

1、土地を購入してからわざわざ建築メーカーを探さずに
決められたメーカーで建築をすることができる。

2、住宅を建築頂くことが条件のため、土地の値段が一般の土地の
値段より若干安くなる。

デメリットとしては、

建築メーカーにも得意不得意がありますので

買主様の好みにあった住宅が作れるメーカーかどうかが問題となります。

近頃では間取りや仕上げは自由といったフリープランをとっているケースが多く、
たいていの場合は自分の好みにあった住宅が建設できます。

デザイナーズの住宅から一般の和風住宅まで幅広く対応しているメーカーもあり、
価格もお手頃になってきています。

住宅を建てることが条件のため、いくら土地の価格が安くても
住宅が高いのではないかと心配される方もおられますが、
建築条件付き土地は土地の売買契約後に
例えば3ヶ月以内に建物の建築請負契約が成立することが停止条件となっており、
自分の好みの住宅が建てれない場合や、予算が合わない場合は違約金なしに
解約できることになっています。

建築条件付き売地をまとめますと、

・土地の売買契約と建物の請負契約がセットになっている。

・契約内容によりますが、一般に3ヶ月以内に住宅プランや価格を検討頂き、
納得頂けない場合は解約ができる。

・解約の場合は、土地代金、預り金等の金銭はすべて買主に返金されます。

以前は土地売買契約後3ヶ月以内に建築請負契約を締結することが
条件となっていましたが、規制がなくなり任意の期間で良いことになりました。

しかし、これまでの流れで3ヶ月以内と契約で取り決められることが多いようです。



posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 13:40| 長崎 | Comment(0) | 売買契約について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。