2013年10月22日

建築条件付き売地について(補足)

建築条件付土地売買は、一般的に3ヶ月以内に
建築請負契約を締結しなかった場合、土地売買契約が
解除されるという内容でした。

契約内容で3ヶ月という期間を短縮できるかどうかというと
建物の設計協議をするために必要な相当な期間であれば
良いとされています。

また、両者が協議に積極的に参加して契約がまとまらなかった場合は
全額買主に返金されますが、買主が協議に入らずに建築請負契約が
まとまらなかった場合は、買主の債務不履行として売主は違約金の
請求が可能とされています。

3ヶ月協議してもう少しでまとまりそうな時には、
この期間は両者協議の上で延長されることもあるようです。


posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 00:14| 長崎 ☁| Comment(0) | 売買契約について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。