2013年12月12日

古い建物がある土地の売却

古い建物がある土地を売却する際には
その建物をあらかじめ取り壊して売却する場合があります。

古い建物がある土地よりも更地にした方が売却しやすいためですが、
この場合は取り壊し費用を譲渡費用として控除できないケースがあります。

譲渡費用と認められるのは譲渡のために直接要した費用がどうかが
重要となります。

事前に取り壊した場合は任意の取り壊しとみなされますので
控除できない場合があります。

また、譲渡契約書に取り壊しを条件と記載していれば譲渡費用として
認められます。





posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 23:00| 長崎 ☀| Comment(0) | 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソーラーパネルプロジェクト2

380坪の土地にソーラーパネル設置するため
つめの作業を行っています。

パネルの配置等を見直し最終的には、100kw(50kw×2基)が
設置できるようになりました。

50kwあたりに一本の売電用電柱が必要となりますので
約100万円/本の経費がかかります。

ですのでなるべく1基あたり50kwになるように配置を考えた方が
利回りは高くなります。

今期はとりあえず開業したてということで1基分の融資しか
得られそうにありませんが、来年2基目の融資を受けれるよう
頑張ります。

経済産業省と九電に申請させしていれば
設置が来年3月以降になっても売電価格は変わらないらしいです。
posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 01:04| 長崎 ☔| Comment(0) | 不動産屋の開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。