2013年12月14日

ホームインスペクションについて

ホームインスペクション(住宅診断)とは、
住宅に精通したホームインスペクター(住宅診断士)が、
第三者的な立場から、また専門家の見地から、
住宅の劣化状況、欠陥の有無、改修すべき箇所やその時期、
おおよその費用などを見きわめ、アドバイスを行う専門業務です。
(ホームインスペクター協会HPから引用)

米国では、中古物件の取引が活発で取引全体の70%以上が
ホームインスペクションを利用しているそうです。

当社も仲介業者として安全なお取引を行って頂くため
ホームインスペクションを始め、中古住宅瑕疵保証などの
資料を取り寄せてはラーニングしています。

そこで一点気になったのが、リフォーム会社やリフォーム会社と
提携した会社がホームインスペクションを行っているということです。

あくまでホームインスペクションとは売主でも買主でもなく、
もちろん仲介業者、リフォーム会社でもない中立な第三者が
やってこそ生きる制度だと思うのです。

良くリフォーム会社が無料でこのサービスを提供しているのですが、
中古住宅を購入するからと言って必ずリフォームする訳でもないですし、
買主がリフォーム会社を選べないなんてこともありえるのでしょうか?

無料でやるからにはどこかで回収しなければビジネスは成り立ちませんから
リフォーム代や紹介料からきっちり取られるのでしょうか?

当社では将来的に自社物件、他社物件関わらず
仲介物件すべてにホームインスペクションを導入しようと
思っていますが、そのあたりクリアにしてご利用頂きたいです。


posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 21:25| 長崎 ☀| Comment(0) | 不動産屋の開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。