2014年03月22日

宅建業法

久しぶりに初心者向け不動産学校っぽい
記事を書きます。

宅建業法には第12条第1項に次の記載があります。

無免許の者が宅地建物取引業者の媒介等を経て
取引を行った場合について免許を受けていない者が
業として行う宅地建物取引に宅地建物取引業者が
代理又は媒介として関与したとしても、当該取引は
無免許事業に該当する。

また、宅地建物取引業者が無免許事業に
代理又は媒介として関与した場合は、
当該宅地建物取引業者の行為は
法第65条第2項第5号
又は法第66条第1項第9号に該当する。

宅地建物取引には、
情報を右から左へ流して繰り返し手数料を得る行為も
含まれるようですが、それのお手伝い(幇助)をしても
業務停止など重い処分を下されるという内容です。

ようやく業界内でもブローカーを排除する流れが
強まってきています。

もちろんセーフティ仲介は安全です。


横ロゴ-[単体]200.png

出張ふどうさん 新大村本店のセーフティ仲介






posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 19:31| 長崎 ☀| Comment(0) | 不動産屋の開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。