2014年03月24日

ソーラーパネル用地の固定資産税

ソーラーパネル用に購入した山林を開拓して
雑種地にした土地の固定資産税を役所で
確認してきました。

建築基準法の道路に認定されてはいない
農道幅員2mに接道した土地ですが、
なんと固定資産税が年間23.5万円もかかるとのこと。

今すぐに家が建てれるような土地ではありませんが、
一応は住居地域に入っているためそのような評価額に
なってしまいます。

格安で購入した荒地の評価額が上がるのは嬉しい反面
ソーラーパネルの魅力半減です。

しかし、20年後には宅地になる見込みの高いエリアなので
方向性に変わりはありません。


posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 19:59| 長崎 ☀| Comment(0) | 不動産屋の開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。