2014年06月19日

公正証書遺言書の書き方(準備編)

1、まず本人または代理でも良いので
事前に公証役場に遺言書を作成したい旨の
連絡を入れます。

2、相続人または遺贈人、遺言の内容を
ざっくりで良いので電話で事前に伝えます。

3、公証役場の方が遺言の内容をうまく
まとめて見本を作ってくれます。

4、本人または代理の方が事前に公証役場に行って
公証人の方と打ち合わせをします。(省略可)

5、遺言書の中身をチェックし、
遺言者、相続人の戸籍謄本(ご両親や兄弟がのっている改製原戸籍)
を提出します。
*法定相続人を公証人が確認されます。

6、相続ではなく、他の人に遺贈する場合は
相続人の戸籍謄本は不要ですが、遺贈を受ける人の
住民票が必要です。
*住民票は遺贈者を明確にするために、
遺言書に名前と住所を記載するために使用します。

7、分ける財産を確認するため不動産の課税明細、
または評価額がわかるもの、通帳などを確認してもらいます。
*誰に何をわけるか明記する意味もありますが、
財産額と相続または遺贈する人数によっても
公証人に支払われる手数料が変わってきます。
*不動産の固定資産税評価額の約1.4倍が実際の
評価額として計算されます。

8、遺言の下書きを確認します。
このとき遺言書に祖先の祭祀を主宰すべき者や
遺言の執行者も記載できます。

9、7の価格次第で遺言書作成の手数料が決まりますので
手数料額を聞いて事前打ち合わせは終了です。




posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 11:15| 長崎 ☁| Comment(0) | 相続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。