2014年06月20日

6/28 広告原稿

今月末に発行するチラシの原稿が
できました。

今回は物件写真に私が撮影した写真を
全部使ってもらっています。

少し明るめに撮影していますので
反響アップ期待しています。

140620小出張ふどうさん様.png



posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 19:59| 長崎 ☁| Comment(0) | 不動産屋の開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公正証書遺言書作成費用

公正証書遺言書の作成費用ですが、
下記の通りです。

1、基本手数料
 11,000円

2、相続財産の総額によって追加される手数料
 例えば総額が3,000〜5,000万円の場合は
 29,000円がプラスされます。
 *相続財産の総額は不動産の名寄帳や評価証明書、
 預金通帳などで確認されます。

3、公正証書製本代
 2,000〜3,000円

4、証人を手配してもらった場合
 5,000円/人

5、遺言書の記載内容に祖先の祭祀を主宰すべきものを
 記載する場合
 11,000円追加

総額で58,000〜59,000円/人がかかります。

また、相続や遺贈を受ける方が複数の場合は
総額の58,000〜59,000円×人数分必要です。
posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 19:32| 長崎 ☁| Comment(0) | 相続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公正証書遺言書の書き方(作成当日編)

では、遺言書を作成する当日の手順を
説明します。

1、遺言者と証人二人で公証役場に行きます。
*証人は相続に利害関係のある人はなれません。
*証人が準備できない場合は、事前の申し出によって
公証役場の方が専門の方を手配されます。

2、公証人が事前に作成した遺言書を
読み上げます。

3、遺言者と証人二人がそれを聞いて
確認がとれると、遺言者と証人がそれぞれ遺言書に
署名、捺印をします。

4、遺言者は実印を押し、印鑑登録証明書を提出します。

5、証人は身分証明書を持参し、認印でも結構ですので
遺言書に捺印をします。

6、これを製本して終了です。

 御苦労様でした。
posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 09:58| 長崎 ☁| Comment(0) | 相続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。