2015年01月11日

代位弁済とは

住宅ローンを借りる際、
金銭消費貸借契約とは別に保証会社との間で
保証委託契約を締結します。

この保証契約により、債務者が住宅ローンの
滞納を行い、期限の利益を喪失した場合
保証会社等が債務者に代わって金融期間へ
借入金残額の全額を一括で支払います。

これを代位弁済といいます。

保証会社等が債務者に代わって代位弁済をしたとしても
債務が自動的に消えるわけではありません。

住宅ローンの債権は金融機関より保証会社等へ
譲渡され保証会社等より債務者へ一括請求されます

また、手続きの流れとして債権者より債権回収の委託を
受けた債権回収会社(サービサー)より
残債務を請求されることになります。

我々不動産会社は任意売却のご依頼を受けた場合、
債務者と債権回収会社との間に入り、
やりとりをする事になります。


posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 13:21| 長崎 ☀| Comment(0) | 任意売却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

期限の利益とは

住宅ローンを組むために締結する金銭消費貸借契約には
債務者が各期日までに決められた額を返済することで
残りの借入金については、期限が到来するまで
返済をする必要がないという条項が設けられています。

もし債務者がローンの支払を滞納したりした場合、
債務者は期限の利益を損失することになり、
残ったローンの全額を一括して返済しなければなりません。

期限の利益の喪失に至るまでの期間については、
一般的には初回滞納時より3〜6ヶ月程度となっています。
posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 13:18| 長崎 ☀| Comment(0) | 任意売却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

任意売却のメリット

任意売却は市場価格に近い金額で
売却できる可能性が高く、
競売の場合、落札価格は市場価格よりも
6割〜7割ぐらいになることが多いです。

任意売却を行うということは、
競売よりも多くの債権回収が見込まれるため
債務者だけでなく債権者にとってもメリットが
あります。

ですから売主は任意売却に協力することにより
残債務の処理についても柔軟に対応してもらえる
可能性があります。
posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 10:11| 長崎 ☁| Comment(0) | 任意売却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。