2015年08月01日

出張ふどうさん:嬉野編

査定のため嬉野町へ行ってきました。

温泉街に近い商業エリアです。

商業エリアの土地は、
購入される方が宅地にされるか、
事業用にされるかで価格の考え方も変わってきます。

事業用地の査定の基本としては、
一番有効に利用したときにどれだけ収益が
見込めるかも一つの判断材料として査定価格を
算出しますので、居住用で考えておられる
購入者様には少し割高となるケースが多いです。






posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 16:26| 長崎 ☀| Comment(0) | 査定依頼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。