2015年10月03日

免許番号

良い不動産屋か悪い不動産屋か見分ける方法として
免許番号から見分ける方法が紹介されることが
あります。

例えば
長崎県知事(更新番号)第○○○○号などと免許証に
記載されているのですが
免許証は5年毎の更新となりますので
この(更新番号)のところの数字が大きい方が
一般的には長く宅建業を営んでいるということになります。

ただし、個人事業から法人に移行する際には
更新番号が新しくなります。

また、他人に会社を引き継いでもらう場合でも
その番号を引き継いでいるケースもあります。

ですのでこの判断基準が正しいかと言われると
微妙な感じがします。

宅建業に限らず、会社のコンプライアンスは
年々厳しくなってますし、
(開業の際にしっかりと協会からご指導を頂きます)

宅地建物取引士の免許の取得も昔と比べて
格段に難しくなっていると聞きます。

法改正も頻繁にあります。

ですので逆に新しい会社の方が
安心して取引ができるとおっしゃられる
お客様もおられるのも事実です。

私の実感としても昔の業者さんの中には
今でも古い書式の契約書を使用されている
ケースもありますし、売主様の告知書等の添付もない
契約書をみかけます。

たまに見かけるブローカーさんみたいな方も
業界から追放の動きになってますし、
業界全体も変わってきています。

免許番号が新しい、古いはあまり関係なく
なっているのではないでしょうか。



posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 15:10| 長崎 ☁| Comment(0) | 不動産屋のホンネ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。