2016年05月06日

債務不存在確認調停

不動産のトラブルに限りませんが
世の中には色々な事に理由をつけて
不当に金銭を要求される事があります。

その要求に対して自分には責任がない場合、
または支払わなければならない場合でも
請求額が不当な額であったりする事があります。

その請求に対して納得がいかず拒絶しているにも関わらず
一方的にしつこく請求され、話合いにも応じてもらえない、
あちらからの訴訟もない場合に請求された側から
公正な第三者である調停委員を入れて話合いを求める事ができます。

これを債務不存在確認調停と言います。

不動産取引の場合で多いのが
建物の修理で済むのに高額な損害賠償金を求められたり、
予め告知をしていたのに瑕疵担保責任を求められるケースです。






posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 10:24| 長崎 ☔| Comment(0) | 住まいのトラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。