2017年05月30日

囲碁AI、人間圧倒し引退

将棋や囲碁の世界でもAIが人間を
圧倒しています。

AIはAI同士自己対局を繰り返し
人間が寝てる間もどんどん強くなっていきます。

そのうち空気を読んで負けるAIも出てきたそうです。

人間に全勝してしまうとAIの開発プロジェクト自体が
終了することを察知し、わざと負けたという説があります。

プログラムでは考えられないありえない手で
負けてしまったそうです。


自己対局といえばネット広告などのA/Bテストは
ご存じでしょうか。

Aという広告とBという広告を同時に配信します。

そうするとわずか数日でどちらの広告から
より多く反響が得られたかという結果がわかります。

もしAよりBという広告が反響が多かったとしたら
次にBとCという広告を配信します。

そうしてテストをしていく事で
どんどん広告の精度が上がっていくわけです。

これをアナログの折り込み広告などでやろうとすると
莫大なコストがかかります。

ここがネット広告の強みです。

実際はA/Bテストを行い
どんどん広告は洗練されていきますが
いくら良い広告でも同じ広告を出していたのでは
広告が陳腐化していきます。

広告は永遠の課題ですが
こうした地道なテストをやっているかいないかで
数年後大きな差が出てくると思います。

ネット広告の強化が
メルカリの急成長の最大の要因ともされています。



posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 12:11| 長崎 | Comment(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。