2013年03月05日

単独仲介と共同仲介

単独仲介
売主から預かった物件を公告などを用いて宣伝し、
自社で買主を見つけた場合は仲介手数料を売主と買主双方から頂くことができます。
これは仲介業者が1社なので単独仲介といいます。
業界用語では、売主と買主両方から報酬が頂けるため両手といいます。

共同媒介
売主から預かった物件をレインズなどに登録し、
他業者が買主を見つけてきた場合には、売主側の業者は売主から、
買主側の業者は買主からそれぞれ仲介料を頂きます。
単独仲介の場合の報酬額(両手)に対して報酬額が2社で折半となるため
共同仲介は片手といわれます。
この場合、売主側業者を元付け業者、買主側の業者を客付け業者といいます。

どちらの割合が多いかというと、元付け業者1社がお客さんを探すよりは、
多くの業者でお客さんを探す方が効率がいいことはいうまでもありません。

レインズは全国で4つのエリアにわかれていますが、
大村の物件を西日本すべての業者が見ることができますので威力は絶大です。


posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 00:00| 長崎 ☁| Comment(0) | 不動産屋の仕入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。