2013年06月23日

住宅ローンのデフォルトする確率

住宅ローンのデフォルト(貸し倒れ)する確率は
0.2〜0.3%程度と言われています。

法人向け融資は2〜3%程度ですので住宅ローンは
銀行にとって10倍近く安全な資産ということになります。

住宅ローンを借りる際には、ローン保証料を金利の約0.2%分
上乗せされますが、デフォルト率から見ると妥当な数字と思われます。

しかしながら気になるのはデフォルト率とローン保証料の率が
同じであれば銀行はどこで利益を出しているのでしょうか?

それは住宅ローンを組む際に金利優遇の条件として
銀行の口座をもっていることとあります。

そうすることで給与の振込や公共料金、クレジットカード支払、
車や教育のローン、退職資金の運用、年金などのお金が銀行に
集まるような仕組みになっているのです。

銀行さんの地道な努力により、今日の住宅ローンの低金利が
実現できていると言っても過言ではありません。




posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 00:03| 長崎 ☁| Comment(0) | 住宅ローンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。