2013年07月29日

雨との戦い

農家の方は日々、雨、風、害虫、日照りとの戦いです。

最近は2〜3週間日照りが続いたと思ったら、
急に豪雨になったりと対応に追われているようです。

ところで降水量は、1時間あたり何oという表現をしますが
これは1uあたり何oの雨が降っているかを意味します。

測定方法は単純にコップのようなものを置いておいて、
その中に貯まった水量を測定するのだそうです。

農薬を使用する際は、雨に注意が必要です。
農薬の使用は悪なのか?でも説明させて頂きましたが、
農薬の使用を最小限に抑えるには効率良く散布しなければなりません。

当然雨が降れば農薬が流れてしまい、再度散布しなけばなりませんので
農薬の使用量が増えてしまいます。
そうならないように注意しなければなりません。

田んぼなどは、肥料や農薬の散布をするときは水で流れていかないよう
水の流れをとめた状態にして効率良く効かせます。

そうすることで少ない肥料や農薬でおいしいお米を作ることができるのです。


*ここ数日間の大雨で被害にあわれた皆様には心よりお見舞い申し上げます。
 一日も早く通常の生活に戻れますようお祈りしております。


posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 20:39| 長崎 ☁| Comment(0) | 大村市の田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。