2013年12月30日

境界トラブル

だいぶん落ち着きましたが、
大村市では新幹線や計画道路の買収で代替地を
求める方が多いです。

代替地と言っても市や県が代替地を探してくれる訳ではなく
個人が探さなければなりません。

農業者だと数千坪の農地を買い替える方もおり、
とても大変なのです。

不動産業者を入れずに個人同士で売買を
されるお客様もいらっしゃるのですが、
案の条、境界や契約時に言った言わないのトラブルを
引きずっておられ相談を受けることがあります。

これからは不動産業者を通してきちんと重要事項説明書を
作成してもらうことをお勧めいたします。


posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 15:27| 長崎 ☁| Comment(0) | 不動産屋の開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。