2014年02月23日

スウェーデンハウス特集号2

スウェーデンハウスはお子様、お孫様まで
住み継げる家ということを前回記載させて頂きましたが、
これは日本の長寿社会にとっても重要な事です。

ローコスト住宅がお求めやすくなり20〜30代で家を買って、
老後に備えるという方も増えています。

しかしながら日本の住宅の平均寿命は30年しかないのです。

とういうことは、20〜30代で家を購入された方は
50〜60代で家を再度買換えなければなりません。

老後に備えたはずが、大変な労力に代わってしまうのです。

長寿社会の日本だからこそ、
それに対応する高耐久性の住宅が求められます。

スウェーデンハウスでは、
日本で初めて50年の無料定期検診システム
「ヒュースドクトル50」を導入しています。

日本の住宅の平均寿命は約30年と言われていますが、
その中で50年に渡って定期点検を行うこのシステムは
画期的です。

耐久性の差は、外壁の枠組み材の違いにもあります。

日本の住宅は一般的にツーバイフォー(38mm×89mm)の
構造材を使用するのに対してスウェーデンハウスは
45mm×120mmの高強度な構造材を使用しています。

*家事室あり、収納充実、ベッド付属しています。

CIMG5904.JPG

CIMG5900.JPG



posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 14:31| 長崎 ☀| Comment(0) | 売家情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。