2014年09月24日

賃貸借契約セミナー

昨日の予告通り佐世保まで宅建協会が
主催するセミナーを受けに行ってきました。

賃貸借契約のポイントとして
いくつか説明がありました。

1、更新料について
更新事務手数料を借主より仲介業者が頂くケースがありますが、
これは本来の宅建業法の範囲内ではないため
いくら請求しても業務違反にはならないそうです。
もちろん事前に合意があればですが。

2、敷引について
これも両者が合意していればよっぽど高額にならない
限りは有効です。

3、短期契約違約金について
これも同様に合意があれば2ヶ月分ぐらいまでは
請求可能です。

4、保証人について
契約更新時に更新が貸主と借主だけでなされた場合、
保証人の署名捺印がなくても、保証人は連帯保証責任を
負います。

5、賃借人の修繕義務の範囲
修繕の特約として畳や襖の貼替え、蛍光灯や
水道パッキンの取替え、台所・風呂の設備の補修など
具体的に記載していれば有効となります。



posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 21:05| 長崎 ☁| Comment(0) | 不動産屋の開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。