2015年09月30日

事故物件の告知責任

先日ある記事を読んでいたところ
事故物件の告知期間について記載されていました。

昨年の判例では、
事故より21年経過しても居住用としての
土地を扱う場合は説明義務があるという
判例が出ています。

しかもその事例では、事故が発生した建物は
すでに解体され、5回も転売された経緯があります。

これまでの認識では、事故の内容にもよりますが
10年ぐらいが告知の目安とされており、
今回の判例の影響は大きいかと思います。


posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 15:11| 長崎 ☔| Comment(0) | 住まいのトラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。