2015年10月25日

それでも私はオープンハウス派

近頃では売家を預かってもオープンハウスや
折り込み広告などせずにネット掲載して
販売活動終了。

あとは反響を待つ、省エネで販売する業者が
増えてきました。

一つの理由としては、
従来のように折り込みチラシを入れて
オープンハウスを行っても来場者がゼロというのは
ざらな話で、費用や労力の無駄という考えだと思います。

もう一つは、物件情報の囲い込みが業法上できませんので
先に他社に成約されてしまうリスクが高く、
費用をかけて広告やオープンハウスを開催できないという
仕方のない事情もあるかと思います。

特にフランチャイズの業者になると他社物件だろうと
公開された翌日には情報を収集し、売主側業者より先に
チラシを配ったりするようです。

(あるセミナーで聞いた話です。
あくまで営業努力ですので否定はしておりません)

そういった意味では売主様から直接預かった業者に
ある一定の期間アドバンテージを与えた方が販売活動が
しやすくなり、不動産の流通も活発化するのかもしれません。

で、本題なのですが
当社がオープンハウスにこだわる理由としては
終日その物件で待機するわけですから
物件のことはもちろん、周辺の環境、住みやすさ
朝、昼、夕方の環境の変化、近隣の住民の方などの
情報を収集し、正確に購入希望者様へお伝えできるからです。


posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 14:06| 長崎 ☀| Comment(0) | 不動産屋のホンネ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。