2017年05月28日

酒の安売り規制

酒類の過度な安売りを防ぐため、
量販店などに罰則を科す取引基準案が公表されました。

仕入れ原価と販管費の合計額を下回る販売のほか、
周辺の販売事業者の売り上げ減などにつながった場合に
罰するようです。

小規模な酒店を守る狙いだとか。

前にも書きましたが値下げや長時間営業は
日本中誰でも思い付き、誰でもできる戦略です。

小規模な店舗でも、ここで損しても
どこかで回収できるビジネスモデルを考えれば
全く問題ないわけです。


お酒と言えば、お酒のボトルキープって
無駄が多いと思います。

キープする場所もとるし、
仕入れも大変だし、
キープした場所探すのも時間かかるし、
一度開封するとお酒も劣化するし、
3ヶ月から6ヶ月でなかったことにされるし…

中身は同じお酒なんですよね。

ボトルを個人個人で分ける必要ないですよね。

デジタル化か回数券で良いような気がします。

kermit-1651615_960_720.jpg
posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 11:18| 長崎 ☀| Comment(0) | 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。