2017年11月26日

実質金利

不動産の買取は金額が大きいため
銀行からの融資が必要です。

金融機関から借入を行うときに、
融資を出す代わりに定期預金を
要求されることがあります。

例えば1000万円の融資を出す代わりに、
500万円分の定期預金を要求されたとします。

借入金1000万円で金利が3%として
通常は1年間の利息は30万円となります。

しかし実際に自由に使えるお金は
1000万円−500万円で500万円となります。

こうなると
500万円の借入に対して利息が30万円となり
金利は30万円/500万円=6%となります。
(定期はほとんど金利がつかないと想定)

手元の資金を担保に借入条件を提示された場合は、
気を付けなければなりません。

このような預金は両建預金と言われ、
過当な両建預金の受け入れは
正常な取引慣行に反する不適切な取引にあたると
されています。


posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 11:46| 長崎 ☁| Comment(0) | 不動産屋の仕入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。