2015年10月18日

宅建試験

宅地建物取引主任者から宅地建物取引士に
名称が変わり、初めての宅建試験になります。

問題内容もがらっと変わったりするのでしょうか。

私は独学で受験しましたが
その時に役に立ったのがポッドキャストです。

授業やセミナーも動画で観る時代になりました。

授業料タダで開業できるのも
宅建業の魅力です。

エリアは違いますが今年もお知り合いの方が
お一人開業される予定です。


posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 13:14| 長崎 | Comment(0) | 宅建試験について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月11日

正式に宅地建物取引主任者になりました。

2週間前に申請していた宅地建物主任者証が届きました。

今までは主任者の登録はしていたのですが、
主任者証の必要性がなかったので発行していませんでした。

登録をしただけの段階では主任者としては認められず
主任者証を交付されて初めて主任者を名乗れるのです。

よく不動産屋の営業マンで主任者の免許をもっていてもいなくても
あまり意味がないような話をされる方がいます。

確かに主任者だから仕事ができるとか全く関係ないのですが
主任者は契約を作成し、説明するという業務ができます。

契約事は、契約書に書いてあることがすべてです。
契約書に記載なく、営業担当者が口頭で説明したことは
何の効力もなくなってしまいます。

不動産のトラブルは何十年先の建て替えや売却のときに発生することが多く、
その何十年か先にその営業マンがいるとは限りません。

極端な話ですが、以前まで私がいた業界は都合が悪くなると
営業マンを異動させて、もう担当者がいないので分かりませんと
平気でいうような業界でした。(海外系の企業が特に多いです)

不動産の契約書にはきちんと契約書を作成した主任者の名前が残りますが
営業担当者の名前は出てきません。

宅建業者は保証協会に入るのが一般的でお客様との取引で発生した損害を
業者に変わって協会が補償するという制度があります。

実は主任者用にも 宅地建物主任者賠償責任補償制度というものがあります。

これらは宅建業者や主任者を保護するものであり、
結果的には被害にあったお客様を保護するということになります。

だから今年宅建を受けられる方は、頑張って資格をとって
一緒に責任のとれる仕事をやりましょう。

宅建試験まで、あと2ヶ月ちょっとです。

posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 15:42| 長崎 | Comment(0) | 宅建試験について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月27日

宅建の勉強方法

もうすぐ6月に入りますのでそろそろ宅建の勉強を
始めようとされている方も多いかと思います。

今日は私の勉強方法をご紹介致します。
ちなみに私は昨年宅建試験を初めて受けましたが、
独学で33点のぎりぎりで合格しました。

まずIpadを持たれている方は40日で受かる宅建(上下巻)のアプリを
ダウンロードしてください。
テキストと音声講義でわかりやすく説明してもらえますので
わざわざ資格学校に行かなくても空いた時間で自由に講義が受けれます。

Iphone用のアプリもあるのですが、画面が小さいのでテキストが見ずらいです。
その時は、40日で受かる宅建の本も出ていますのでIphoneで音声を聞きながら
本を片手に勉強されて下さい。

講義が終了したら、宅建スーパーWEBサイトで過去問の1000本ノックを受けて下さい。
解答の解説が詳細に書かれていますので非常にわかりやすいと思います。
1000本ノックを2回りぐらいでおそらく50%ぐらいの確率で合格できるかと
思います。私がそうでしたので。

より確実に合格を手にしたい方は3回り、4回りぐらいすればほぼ合格間違いないでしょう。

40日で受かる宅建のアプリは上下巻とも各1700円で1000本ノックは無料で受けれます。

他にも宅建試験用のアプリはたくさんありますので、自分に合いそうなアプリを探されても
良いでしょう。
posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 07:29| 長崎 | Comment(0) | 宅建試験について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月19日

実務講習の修了書

実務講習の修了書が届きました。
これを宅地建物取引主任者登録申請の用紙に添付して提出すれば
約1ヶ月後に主任者として登録がされます。
登録申請の費用は37000円です。
だいぶ待たされる割には高い!


posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 00:00| Comment(0) | 宅建試験について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月06日

実務講習申込み

未経験者が宅建で独立開業というコマーシャルを良くみますが
この業界はそれほど甘くありません。
大変な金額を扱う商売ですのでそれなりの経験などが必要となります。
宅建試験を合格しただけでは資格者ではありません。
ただの「宅地建物取引主任者資格試験合格者」です。

合格者で実務経験が2年以上ある方はそのまま知事に申請し登録されれば
晴れて主任者として業務を行うことができます。
実務経験なしで登録するならば、国土交通大臣実施の実務講習受講必要となります。
この中身は二日間みっちり実務講習とその後テストが予定されています。

実務講習申込みには合格証書のコピーが必要で本日合格証書が届きましたので
住宅新報社というところへネットで申し込みを行いました。
実務講習を開催している機関は結構あるようですがいずれも2万円前後かかります。
なぜか住宅新報社だけは早期割引で14500円とかなりお手ごろでしたのでこちらに決めました。
http://www.takkengoukaku.tv/kouza/kouza_about.php

講習は1月中旬ですが事前にテキストが送られてきて約1ヶ月間程度は自宅学習を行わなければいけません。
テキストが届き次第、報告します。



posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 00:00| Comment(0) | 宅建試験について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする