2015年01月21日

損する人、得する人

皆様は不動産屋を選ぶ際に
何を基準にして選ばれますでしょうか。

私は不動産に限らずモノを購入する際は営業マンを
基準にしています。

ご存じの通り不動産の場合の仲介手数料は
日本全国ほぼ同じです。

同じ金額を支払うのであれば
営業マンで決めるべきです。

例えば、宅建の資格を持った専門知識を持った営業マンと
そうでない営業マン

決裁権をもった営業マンとそうでない営業マン

毎月コンスタントに販売をしている営業マンと
そうでない営業マン

おそらく毎月コンスタントに販売できている営業マンは
それだけたくさんの情報量を持っているはずです。

中には仲介手数料値引きを売りにしている業者さんにも
少し気をつけなければなりません。

たいていそういった業者さんはまわりの業者さんから
煙たがられています。

不動産業は情報ビジネスですから
周りの業者さんとの情報のやり取りで仕入を行います。

同業者さんとの関係が悪くなると優良な情報が
入ってこなくなるのです。


ただ、残念ながらお客様は紹介でもない限り
営業マンを選ぶことはできないのが現状です。







posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 13:00| 長崎 ☁| Comment(0) | 不動産屋の選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月29日

不動産売却を依頼するならどっち?

不動産売却を依頼する場合、
大手不動産屋か個人の小さな不動産屋に依頼するか
迷われる方がおられるかも知れません。

当社の場合、
一人不動産屋だから販売に不利なのでは?
と思われる方もおられるかと思います。

しかし、一人不動産屋の場合
手数料の半分近くを広告費に投入することが
できます。

また何度オープンハウスを行っても
自分の人件費以外はかかりません。

当然広告回数が増えればたくさんの
お客様にアピールできますし、
早期売却、少しだけ他社よりも高価売却が
できるかも知れません。

一人不動産屋は意外と販売に関しては強いのです。
一方で賃貸は大手には到底かないません(涙)

もう一つ高額で売却するポイントとしては、
売主様は手数料の値引き交渉は極力避けた方が
良いかと思います。

手数料値引きをされると販売業者は
十分な販売活動ができず
結果的に物件の販売価格を下げなければなりません。




posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 21:32| 長崎 ☀| Comment(0) | 不動産屋の選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月07日

不動産屋の歩き方

何件も不動産屋さんを回ってこられる方がいらっしゃいますが
不動産屋さんの立場からすると1回目のご来店ですべてお客様の
希望を理解するのは不可能です。

私の場合ですと1回目の来店時は3件ぐらいタイプの違う物件を
見ていただき、本当にお客様が希望している条件を導き出し、
2回目のご案内でどれだけご希望の物件を
ご提案できるかが重要だと考えています。

たいていの場合、お客様が最初に出されるご希望の条件は
たまたまネットで見てよさそうだったからだとか、
知り合いが住んでいたのを見てよさそうだと感じたから
などと言われる方が多いです。

しかし実際に物件を案内することによって
本当はこうゆうのがあれば助かるなどとお客様自身が
理解していなかった潜在的なニーズを引き出すことができれば
他の不動産屋さんと差別化ができます。

ですのでぜひ、みなさん同じ不動産屋さんには最低2回は足を運んで
頂くことをお勧めします。
きっとあなたにぴったりな物件を案内してもらえると思いますよ。


posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 05:07| 長崎 ☁| Comment(0) | 不動産屋の選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

業者の選定の仕方

扱っている物件が同じならどの不動産屋に行けばいいのでしょうか。
わかりやすいように不動産屋を分類してみました。

1、自社物件中心の不動産屋

大手不動産屋に多いですが、売主様から預かった物件を中心にお客様に案内する。
売主、買主両方から報酬が頂けるため自社物件を強く勧めてくる。
他社の媒介契約物件は、極力紹介しない。
市場に出る前の物件もあるかも?

2、他社物件中心の不動産屋
売主様から預かった物件は少ないため、市場に流通しているあらゆる物件を紹介する。
お客様としてはたくさんの物件を紹介してもらえる。
物件を抱え込んでいる業者(本来は違法行為)から物件を販売させてもらえないことがある。


posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 00:00| 長崎 ☁| Comment(0) | 不動産屋の選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月05日

大きい不動産屋か小さい不動産屋か?

街には大きい不動産屋と小さい不動産屋がありますがあなたならどちらを選びますか?
大きい不動産屋さんは人を使いたくさんの物件をHPへ公開しています。
お客さんの回転数を上げるため、積極的に情報を公開し集客をします。

一方で小さい不動産屋さんは、人が少ないためHPでの物件公開をあまり行っていません。
HPでの物件の公開は非常に手のかかる作業なのです。
その代わり、お客さんの希望条件を聞きキメ細かなサービスで対応します。
小さい不動産屋さんは古くからその土地にあるため、たくさんの情報を持っています。
例えばこの町内はごみ出しが厳しいだとか、小学校の行事が多く忙しい親御さんには
住みずらいとかとにかく情報をもっていますので相談にのってくれます。

大きい不動産屋か小さい不動産屋どちらがいいかというと、選ぶ人の好みによりますが
たくさんの情報から自分で好きな物件を選びたい方は大きい不動産屋さんへ、
街の状況など細かい情報を知りたい方は小さい不動産屋さんを選ぶなど試されてはいかがでしょうか。


posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 07:13| 長崎 ☁| Comment(0) | 不動産屋の選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月19日

立地について

不動産屋の立地について
不動産関係の業務は大きく4つに分類されます。
1、賃貸
2、売買
3、管理
4、分譲
このどれをメインで扱うかによって不動産屋の立地条件は変わってきます。
賃貸専門で行っていく会社は、飛び込みで来店されるお客様が多いですので
人通りの多い通りに出店していることが多いです。
一方、売買などを専門とする会社は飛び込みのお客様はほとんどいませんので
大通りに出店するケースは少ないかと思います。
主に広告などで集客を行うため、店舗はもたず事務所だけという不動産屋さんもあります。

個人で不動産屋さんをされている方も大通りに店舗を出すと店番が必要となり
人件費がかかりますので、少し目立たないところに出店をする傾向にあります。
フランチャイズなどの大型店は、賃貸でいかにお客さんの回転数を上げるかが勝負となるため
立地条件は重要となります。


posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 06:59| 長崎 ☁| Comment(0) | 不動産屋の選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする