2013年05月11日

間取り図の見方(トイレ編)

久しぶりに間取りについてアップします。

トイレはお風呂やキッチン同様に機能性より空間的なゆとりを感じさせる
ような設計が人気です。

トイレは、水が流れる音や来客者も利用することを考慮すると、
どこに配置するかは悩ましいところです。

限られたスペースでも来客者が多い家などは、見せる部屋との意識も
高まってきており、ゆったりとしたものも人気です。

どのようにトイレのスペースを確保するかは、
トイレの中にコンパクトな手洗器を設置する、開き戸から引き戸に
変更し手洗い場や開き戸のデッドスペースをなくすことも検討の余地があります。





posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 19:39| 長崎 ☀| Comment(0) | いい部屋探し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月24日

間取り図の見方(仏間編)

新築に仏間を設ける方も最近見かけなくなってしまいました。

もし将来ご両親が無くなった場合、畳の上やフローリングの
上に仏壇ではなんとなく切ないですよね。

新築をご検討される方はもう一度仏間の必要性を
ご検討頂ければと思います。


posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 00:00| 長崎 ☁| Comment(0) | いい部屋探し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月21日

間取り図の見方(和室)

最近は畳の部屋は人気がなくなってきていますが、
一戸建てやファミリー物件をお探しの方は
一部屋でも畳の部屋がある物件をお勧めします。

アイロンがけなどの家事や子供を遊ばせる部屋、
お昼寝などやはり畳の上が心地よいものです。

愛子様がまだ幼い頃にころんで怪我をしないようにと
コルクの絨毯を敷かれたことが話題になったことがありますが、
何かと怪我が心配なお年頃のお子様がいらっしゃる方は
ぜひ畳の上で思いっきり遊ばせてあげましょう。


posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 00:00| 長崎 ☁| Comment(0) | いい部屋探し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月20日

間取り図の見方(リビング編)

LDK17帖とあればかなり広い印象を受けるかもしれませんが
気をつけなければいけない場合があります。

例えばリビングからしか各部屋にいけない場合です。
各部屋に行くためにはリビングを必ず通りますので
リビングの中に通路(廊下)があるのと同じことを
意味しています。
またドアの開閉に必要なスペースも確保しなければ
ならないため実際のLDKの空間はかなり狭くなります。

通路やドアの開閉空間には当然家具や家電を配置できませんので
それを考慮してお部屋を選んで下さい。

間取り図からは見えない廊下、デッドスペースが
あることをお忘れなく。


posted by 出張ふどうさん 新大村本店 at 13:36| 長崎 ☁| Comment(0) | いい部屋探し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。